--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天然ペアを選ぶリスク

2009年12月21日 12:09

以前の記事で、天然ペアが解消して、もう一方のメスとペア化してしまったことを書きましたよね。

そこで今回はそこのところをもう少し掘り下げて行きますね。


天然ペアの時も今現在の新たなペアも、出来る限りの観察を続けてきて気付いたことがあるんです。

ちなみに、今まで天然ペアと言う名目で購入したゲニカントゥスは3回あって(ゼブラ×2ペア、ベルス×1)、その何れも導入時からオスが結構な頻度でメスを追っていたんですね。 これはケントロピーゲにも多少見られますし、クマノミ等と違ってヤッコのペアは、基本仲良くしていてもオスが優劣を誇示する為に多少追う仕草をするのだと。 ゲニカントゥスはそれよりもう少し頻繁に追うのが習性なのだと思っていたんですね。かなり亭主関白だなと。

今回なんとも偶然に形成されたゼブラエンゼルのペアはそれと全く違って、感じとしてはケントロピーゲと変わらない程度という印象でした。 それだけならば個体差。と結論するのも簡単ですが、このペアの決定的に違う点は、『給餌時にメスと仲良く摂餌する』という点なんです。

これはケントロピーゲのペアリングの際にも目安になる点です。

そんなの当たり前。と言われるのかも知れませんが、過去3ペアは導入時から給餌の時点で、日によってはメスが餌を摂る際にそれを遮る行為を行っていたのです。 

更に決定的な点が、現在のペアはラッシュアンドサークリング(Rush and circling)とも呼ばれる回転行動、後のノズリング(Nuzzling:鼻を擦り付ける行動)への一連の求愛を毎日繰り返し行っている点です。ただ仲が良いだけでは無いということです。 


これは今までのペアでは残念ながら一度も見られなかった点でした。


このことから結論に至ることが「ペア入荷はしているが、採集して連れて来られている間にペア解消になってしまっているのではないか?」ということです。 ペア間の絆は弱いのではないかと。

他の魚種はどうかというと、残念ながら小型ヤッコのペアとやらを購入したことはありませんが、クロヘリイトヒキベラ、ハワイアンフレームラス等のイトヒキベラや、ハナダイなどではこういったことはほぼ無かったのでありえるのではないかと。 


こういった問答が最近の私の中でずっとあったんですが、非常にタイムリーな回答がここに。

先日発売された『コーラルフィッシュ23号』です。
この雑誌の内容は基本的には初心者~中級者向けの構成でまとめられているのですが、文章を端から端まで読んでいくと唸る言葉がちりばめられているのです。 

今回記事に出来たのはそれを読んで確信したからに他なりません。


読者の皆様、言の葉はかみ締めるべし。


というか、壁にぶち当たって悩んでいないで聞けばよかったのだなと(苦笑)




スポンサーサイト

サンゴの撮影

2009年12月11日 23:07

そういえば。

明日はアクア忘年会ですね。

昨年はノロウイルスにかかって参加できなかったので、今年こそはと思ってたのですが・・

今年は自分のところの忘年会とカブって出られませんorz
ああ、いつになったら関東以西にいる会いたいアクアリストの方々と会えるのだろう・・
来年の春頃大阪に遠征行こうかしら?


そういえば。

今週の初め、ベッセルにて久々にbabuさんとお会い出来ました。
前回のスイハイ行事以来ですね。嬉しかったです。
前回のスイハイから大分水槽は充実してきているようで、また見たくなりましたよ。

hanapapaさんとも、そろそろ第二回なんて話になっているので、春先目安に開催なんて良いかも。
詳細はhanapapaさん、babuさんあたりと調整しながら決めますか。
まだまだこのあたりにも素晴らしい水槽をお持ちのアクアリストが居るそうなので、宴会挟んで2日間くらいで5~6件回りたいですね。


403

さて、水槽大掃除の後に水質検査してみました。

硝酸塩 0
リン酸イオン 0.024
炭酸塩硬度 7~8

水槽を立ち上げて暫くはリン酸が0.1を下回らず壁にぶつかっていましたが、11月から鉄釘を入れるようになって徐々に下がってきました。

入れ方は狩人さんに習ってやりましたよ。

100ℓあたりに90㎜の釘1本の計算で、計6本の釘を11月の初めに導入しました。
そこから一週間ごとに1本ずつ増やして3本増やしたところで今のところストップしています。
ここから数値の上下を経過観察して増やすかどうか決めようかと。

ウチのシステムはとりあえずベルリン+釘で数値と状態を把握してから次の段階に行きます。


前回の大量換水でサンゴのポリプの出が明らかに変わりましたよ。

404 405 406

409 408 407

画像上左からウスエダ、sp、デュソロウィ。
画像下左からエダ、沖縄スターポリプsp、インドネシアスターポリプ。

最近、インドネシアのスターポリプの接写に萌えております。
ポリプの先の細かい毛が良いです(笑)

師走の大掃除 ※追記あり

2009年12月10日 10:52

※なぜかオウギチョウをハナグロと書いていました。
赤っ恥です(汗) 


W杯組み合わせ、決まりましたね。
かなり厳しい組に入ってしまったというのが正直なところ。
完全に格上のオランダに、アフリカ最強の地位を確立したカメルーン、完成度の高いチームに仕上がっているデンマーク。
奇跡が起きても二分け一敗かな・・・心の中では全勝ですけど(笑)

出来れば大会経験の少ない欧州組がいる組や、ここ一番に弱いシード国等の組に入れれば可能性は高まったと思うのですが。

個人的にはスペイン、アルゼンチン、イングランドの組が2位狙いには理想的だったのではと思います。


あ、そうそう、今年も我が母校サッカー部選手権出場決まりました!
正月はOB会として応援に行くことになりそう。
冬の選手権も優勝させていただきます!


さて、12月には必ずしているのが水槽の大掃除。

401

・本水槽

家にある全てのローリータンクを引っ張り出して500ℓの海水を作成。
最近偽岩上に繁茂を始めていたチャシオグサをトリミングしながら水を抜き、換水。

水換えする前の水質は硝酸塩0、リン酸イオン0.046で数値的には良いのですが、最近バクテリア過多(?笑)のようで少し調子は下がり気味だったので大量換水しました。
今のところ水槽の生体は3個体だけですし、鉄釘のみでリン酸は抑えられているようなのでバクテリア添加は少し休憩ですね。

・魚混泳水槽

402

魚水槽も大掃除。
今現在のタンクメイトはオウギチョウとミカドチョウのみ。
これからコツコツ飼いたい魚を集めていきます。

オウギチョウは好きな魚で、二年前にも飼育していましたが水槽が増えすぎてしまった際に知り合いに引き取られて行ってしまって、また機会があれば飼いたいと思っていました。
本当は里子に出した個体を再度引き取って飼育したかったですが、甘い考えですね(笑)
今現在も元気でトータルで三年半、良い個体だったな・・・

オウギはアサリ、ミカドはピュアに人工飼料を練りこんだものを与えています。
まだ購入して一週間なのでもっと太らせたいですね。


ミドリイシ接写。

399 398 400

カメラは良いのですが操縦者の腕が悪いですね(汗)

左からウスエダ、sp?、エダだと思います。
エダは茶色くなって4千円だったのでお買い得でした。


離婚?

2009年12月02日 12:39

しばらく振りの更新です。

ネタは一杯あるのですが、更新している時間がありませんでしたね(汗)


出来事は沢山ありますよ・・


・ゼブラエンゼルペア解消と新たなペア

これまでの組み合わせとしては、天然ペアに小さめのメスを加えたトリオ形式で飼育していたのですが、10月半ばあたりで天然ペアが突然のペア解消。 大きなメスは岩組みから出てこなくなり、小さめメスとオスが完全なペアになりました。
これはどういうことなんでしょうか? ハーレム飼育は出来ると思っていたのですが、どうやらそうではなかったのか、このトリオには不向きだったのか。

この極度の緊張感からか(底砂が異常に掘り返されたというのもありますが)全体に白点が発生。
回復の兆しが見えないので全ての魚をトリートメントタンクへ。 
これが11月初めの話です。

全換水して様子を見ています。

定期的に底砂を攪拌してシストが休眠に入らないようにし、水温は25度に。
一応今まで白点が蔓延してしまった水槽はこの方法で復活させていますがどうなんでしょうね?
このまま1~2ヶ月放置しておけばその後は再発生したことは無いのですが。


今年は水槽が落ち着いている時がありませんでしたね。

でもその代わり、サンゴに最適な環境作りを目指して色々試していますよ。

394 395 396





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。