--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブタンクの憂鬱

2009年09月08日 01:44


メインタンク、良い感じになって来ました。

前回の全景はリセットして一ヶ月経過時点の画像ですので、あんなものでしょう。

石灰藻もパラパラ付いて来て付着物が増えてゆく経過を観察するのが楽しくなってきました。
この擬岩を購入した 『エリア港南台店』 でも楽しさを聞いていたので、今実感しています。

ですが、購入した時にもっとしっかり立ち上げ方や注意点を聞いておくんだったと反省。(言っていたかも知れないですが、本人は聞いていなかったパターンかも)
私自身、家電とか購入しても毎回説明書を読まずに、いじり倒して理解するタイプなので・・・

いや、生き物相手なのですからもっと責任を持ってやならいといけないですね。


そしてサブタンク、崩壊する前は深場のケントロピーゲを主役に(スミレペア)、深場系のハナダイ、バスレット等を入れて、サンゴはヤギをメインに、キサンゴやトサカ等の陰日系で飼育していたのですが、崩壊後スミレペアはトリートメントタンクが満杯なので引き受け先を探していたところ・・・ありました。 最適なところが。

某CF誌では「信頼のおける人」に預けてと書いてありましたが、それ、ウチの実家なんですよ。

ウチの親父は数年前に水槽を畳んでから盆栽やら、ガーデニングやらに趣味を集中していてマリンアクアはきっぱり辞めたはずだったんですが。

先日実家に立ち寄ると900x900x900の見慣れぬ水槽が客間に(笑)
サンゴのみで魚は全く入れていない水槽が粛々と回っていたのですよ。
綺麗なミドリイシが沢山入っていましたが、レイアウトが凄かった。
流石、「○○の盆栽」に登場していただけのことはある(これ以上書くと多分ぶっ殺されますので割愛)。


本人は語らずでしたが・・・以前、ウチに両親を食事に招待した時にウチのサンゴ水槽を見て、関心が無さそうな振りしながらやたらベルリン方式の話を聞きたがってたのですよ(笑)
親父がやっていた時なんてミドリイシなんて長期に維持出来なかったですから、興味が湧いたのでしょうね。 やっぱりこっそりやってました。

現在、そこに二人だけでひっそりとスミレ達は暮らしています。
落ち着いた今、返してもらおうと思い引き取りに行ったのですが、余りに馴染んだ泳ぎを見て取り出せなくなっちゃいましたよ。
長生きして欲しいものです。


話は戻りますが、そんなこんなで現在はサブタンク内はがらんどう状態(汗)
あれこれ方向性を模索しているんですが、イマイチ結論が出ない・・・
いくつも候補があって、ですが入れる箱はひとつ。

悩みに悩んで答え出ず。

擬岩の余りとアヤメヤッコのみで寂しく回っています。

まあ、このあれこれ考えている時が楽しいのですけどね。




スポンサーサイト

ゼブラエンゼルのペアリング開始から50日経過

2009年09月06日 13:51


7月下旬。

新水槽は落ち着くまでの間放置しておくことにしたので、その間にゼブラエンゼルのペアリングのやり直しをすることにしました。

導入したのは10センチ弱のこの個体(以後②) 
ビーボックスから迎えたこの個体、非常に状態が良くてペアリングにも適した性格でした。
本来ならこの個体を核として(♂候補として)組み合わせて行きたいのですが、数が入荷しないゼブラなので選り好み出来ないのが難点。

376

60x45x45のトリートメントタンクで餌付けをしつつ既存のメス(13センチ前後、以後①)とお見合い。
①は、正直言うとペアリングには適さない個体。性格的に神経質な為。
今回は良きチャレンジと前向きに捉えていこう。

377

このままの状態で30日間(お見合い期間はペアの体調、精神状態に左右される)様子見しましたが、②が環境のストレスから食が細り、リムフォシスティスを発症したので作戦変更。
個体にも因りますが、状況を読み取って素早い対応がペアリングには必要です。
餌付け困難種に対する対処と同じ手順だと思ってもらえれば。
トリタンで駄目なら本水槽&隔離ボックス、それでも駄目なら本水槽&仕切り版といった様に(あくまで一例)。

382

今回は、落ち着いてきた新水槽内にて①を水槽内に、②を隔離ボックス内で再度お見合い開始。
②は投入直後から餌喰いが戻りその後リムフォも小康状態に。
しかし困ったことに投入から何時まで経っても①の威嚇行為が収まらずお見合い期間は大幅延長に。 救われたのは②が、かなりタフな個体である事。隔離ボックス内が安全と見るや時には①に向かって行く仕草も見せている。
これはこれで良くない兆候ですが。

①にオス化の兆候が見え始め、威嚇行為が沈静化した8月末に地形を学習させる為に入れ替えをし、2日後に合流。

381

現在は問題無いですが、環境が落ち着いてくると追い出すなんてこともあるので暫くは監視が必要です。
全景は初めて公開するかもしれませんね、今後は無いかも(笑)

379 380

一枚目は①で、背鰭の変化に加えて尾鰭の黒いラインが薄れてきました。 角度によっては縦縞が現れているのが確認できるのですが、何故か写真には写らない・・
2枚目は②で日に日に①のプレッシャーが強まるので隠れがちですが、まだ許容範囲。


諸先輩方からアドバイスを戴いたのに「メスは1個体より2個体入れておいたほうが良い」と言われているのですが・・・入荷しませんねえ。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。