--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウミバラ

2008年04月30日 01:49

30

正解はウミバラでした^^ なかなかではないかと思います?

カラーリングは地味目ですが、水槽内の良いアクセントになります。
光量が多い場所に設置すると写真のように上に向かって成長します。
逆に少ないと横方向に向かって広がります。 

状態の良い生体を譲ってくださったショップ様に感謝m(_ _)m

スポンサーサイト

久々に購入したサンゴ

2008年04月28日 11:50

今日は朝からウキウキそわそわ^^;

先日、ネット巡回をしていたら久々に購買意欲をそそるサンゴがありまして・・

26

初めて利用するするショップだったので到着状態が心配でしたが、
27

ダンボールの上には空気穴が。 ちょっとした心遣いですね。
28

梱包状態は完璧。 ま、この時期は一番気候がイージーなので夏場冬場を見てみないとわかりませんが、
29

生体は、パッキングの中で丁寧にネットに包まれていてほぼ100点。
今回のサンゴは特に骨格が脆いので安心しました。

温度合わせをして導入。

ウチの照明は夜から点灯なので、現物紹介は後ほど。


レイアウト変更・・・そしてひとつ屋根の下に

2008年04月24日 23:49



本日、レイアウト変更~混泳までの作業をし終えまして、今現在水槽の中の変化を逐一監視中しております。

流れから説明しますと、まずは換水の為に海水を抜きまして、抜いた海水のバケツの中に先住のスミレを隔離します。
ここからは早業。 抜いたままの水槽内のサンゴ、ライブロックのレイアウトを素早く位置変更します。
今回は今後ミドリイシを入れることを想定して、同属のサンゴは寄せてスペースを空けたりしたので終わったあとは随分と物足りない景観になってしまいました(汗)
いくつかのサンゴはサブ水槽行きへ・・

そして中の生体達が落ち着いた頃に先住のスミレを戻しました。
いつもこの瞬間はドキドキして、導入した瞬間に「ああ・・入れんかったら良かったかなあ」とか思いますが(滝汗)

とりあえず今ビールを飲みながら監視中ですが酷いイジメは回避できている様子。
現在一時間経過して少しスミレヤッコ大(先住ヤッコ)がちょっと追うしぐさを見せますがスミレヤッコ小(新入り)はサッと避けて上手くいきそうな予感・・・
まあ、こればっかりはまだまだ時間の経過と共に変わっていきますので予断を許しませんが。

見ている感じでは、キツネべラやホンソメが仲裁に入るような仕草も見せているので何とかなりそう・・・かも。

ちなみに、ペアリングを試みる際に、本来はペアリング個体以外は入れないのがセオリーかも知れません。
しかし、過去にシマヤッコのペアリングに成功した際に、他にも生体がいたことがあり、今回も問題がおきない限りそのままで見守るつもりです。


スミレヤッコの混泳準備

2008年04月23日 09:09

新しいスミレヤッコを購入して今日で丁度一ヶ月。
現状では乾燥餌に餌付きデルマリンSは水面にまで上がって食べるようになりました。
ショップのストック時に背肉が痩せているのが気になりましたが、泳ぎや動きが一番良かった個体でしたのでやはり餌付くのは早かったですね。

24

今現在では先住のスミレと入れ替えに本水槽に投入して体力をつけさせるためにこまめに給餌しております。
23

こちらは先住のスミレヤッコ。現在はBIGFISHHOUSEにて隔離中。
明日の休日に一旦取り出してレイアウト変更し、混泳の可能性を探ります。
この個体、丸々太って(ちょっとメタボですが)生きが良いので取り出すのは苦労するだろうなあと感じていたので、今回はちょっと策を練りました。

まずはチビスミレを小さい隔離BOXからBIGFISHHOUSEへ移行。
真ん中の仕切り版をして片方の仕切り版は外しました。
そして給餌をチビスミレのみ続けます。
すると、腹の減った先住のスミレは焦れてBIGFISHHOUSEの周りをウロウロ・・・
30分もしないうちに仕切り版の外れた隔離BOXの中へ(笑)
なんとも食い意地の張ったヤツです。

ペアリングへの第一歩

2008年04月17日 09:29

21

ああ・・・こんな時期があったな。

古い画像データを整理していたら出てきたので載せてみました。
見ての通りシマヤッコのペアです。 単に混泳しているだけではありませんよ^^
四六時中寄り添って泳ぎ、離れることはありません。
まあ、もう白点スパイラルの餌食になってしまって居ないですが(泣)

今でも自分の判断するタイミングが遅れたことを後悔しています・・
彼等の死を無駄にしないためにも今後私が経験してきたことを書き連ねて行こうかと思っていますよ。

22

こんな写真も載せてみましょうか(未練たらたら 苦笑)

その闘争本能の強さで、水槽内での人工的なヤッコのペアリングは難しいとされています。
過去にも幾多のベテランアクアリストが挑戦し、失敗しております。

私も物心ついて父親の影響で海水魚飼育をして早や25年目。途中何回かブランクを空けてきてますから・・・実質11~12年くらいでしょうか。 主にケントロピーゲの繁殖に挑戦してきましたが打率は3割も行きませんね(苦笑)

今回はスミレヤッコのペアリング、さらに水槽内での繁殖(これは非常に難しい)までを目標にしていきます。
でも、自分でも意外なんですがスミレヤッコのペアリングは初めてなんですね・・
これからネットで過去の成功例など調べてみてから対策を練りますが、実は結構スミレでやるのは難しいのでは・・と感じているんですが。


次回では現状など。



最近の混泳動画

2008年04月10日 10:33



取り急ぎこんなのいかがですか?

現在の水槽の状況

2008年04月03日 09:37

13

先々週に大掛かりなメンテナンスをしてからというものの、水質は硝酸塩がほんの少し検出されるくらいで水槽はほぼ良好なコンディションを保っています。

上の画像は我が家の水槽全景です。 多分初めてですよね(汗)
そろそろミドリイシを飼育出来るくらいに状態は安定してきましたので、最近はあちこちのサイトを物色していますよ。

20

こちらは別ショット。 最近サブタンクから引越ししてきたフタホシキツネベラ見えますか?
現在はスミレヤッコ×2、ハナゴンベ×2、フタホシキツネベラ、ホンソメワケベラの6生体が入居しています。

ミドリイシが入ったらコーラルフィッシュにでも載せて貰いましょうかね?(笑)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。