--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ZEOvitシステム・・シアノバクテリア

2010年11月16日 11:56

465

先日、ようやく自宅ZEOvit水槽もリン酸硝酸共ゼロになり、最近はミドリイシ探しに日々ショップ巡り・・・とは行かず、出張の仕事が立て込んでいてなかなか進まない今日この頃。皆さんお元気ですか、マーシャです。

最近ショップに行く時間もままならず、アクア世捨て人になっているような? 
最近の失態は、地元のアクア講演会の開催日を忘れてしまったことでしょうか・・反省です。

それでもZEOvit水槽は順調に進んでますよ。 時間が出来たらサンゴをもっと入れていきたいです。
ちょっと前に、好きな魚がネットに掲載されていたので購入したのですが、着状態が悪く1日ももたずに★に。
自分で選んでいたらこんなことは無いのですが・・

466 467

最近トサカを毟るレッドヘッドラス。 この個体の不思議なところは砂に潜って寝ていない?
何度も観察しているのですがバックウォールの中層付近の裏に入って行きます。


さて、ZEOvitはというとリン酸値がゼロになった辺りからシアノバクテリアが発生しました。
昼間現れて夜は消えるタイプで、しばらくほおっておいたのですが少しずつ増殖しているのでKZ社のBio-Mateを使ってみることにしました。

468 470 469

マグネシウムの消費量にも手を焼いているのでついでにマグネシウムメディアも。

使用感は追ってレポートしますね。


スポンサーサイト

ZEOvit立ち上げ・・62日経過

2010年10月30日 14:04

前回の更新から1ヶ月近く経ってしまいました。

それでは早速水質検査結果から(10/29現在)

PH : 8.0→(RedSea)
NO3 : 0↓(RedSea)
PO4 : 0↓(HANNA)
Ca : 410↑(RedSea)
KH : 6↓(RedSea)
Mg : 800↓(Elos)
K : 700?↑(Elos)

468

試行錯誤の結果、リン酸塩と硝酸塩を0にすることが出来ました。
立ち上げてから50日経過時点で達成しました。

私の水槽の様に、立ち上げてから時間が経過していると上手くいかないのは何故か判ったような気がします。

それにしてもマグネシウムの消費が激しくて、添加量を増やしても増やしても理想値に達しません。
マグネシウムに関してはリアクターを設置した方が良いのかなと思いますね。

それと相反してカリウムの異常な数値が気になります。測り方が良くないと思って何度も計測し直ししたのですが・・水槽内は問題無いので様子見です。 当たり前ですがK-Balanceの添加は止めています。


現在の添加剤たち
469

使っていて良いなと思うのはZEOzymですね。
これはベルリンでも使えるので一度お試しを!



ZEOvit立ち上げ・・31日経過

2010年09月29日 23:47

大分、涼しくなって水温も維持しやすくなりました。

そろそろ少しずつ設定水温を下げていかないといけませんね。

少しずつ下げると言えば、ようやく栄養塩の下げ方を掴んだようで? ここしばらく0.34から下げ止まりだったリン酸イオン値が減少を始めています。


現在の水質です(9/28現在)

PH : 8.0→(RedSea)
NO3 : 2.5→(RedSea)
PO4 : 0.25↓(ROWA)
Ca : 400↓(RedSea)
KH : 6.5↓(RedSea)
Mg : 1100↑(Elos)
K : 380↑(Elos)

リン酸イオン値は、順調に行けば2週間後には0になる筈で、そうしたら照明に手を加えて順次サンゴを入れていこうかなと。 直ぐには買えないか・・先立つものが(汗)誰かパステルなサンゴ折って送りつけて下さい(苦笑)

カルシウム値、炭酸塩硬度(KH)は許容範囲内なので気にしていません。

マグネシウム値は9日前から添加量を既定の1.5倍にしました。30ppmくらいずつ上昇していっているので、来週あたりには理想値に到達する予想です。 この1.5倍というのは私の水槽に対しての応用なのであくまで参考程度に。


早くHANNAのリン酸チェッカー使うくらいの低栄養塩になりたいです・・・

ZEOvit立ち上げ・・24日経過

2010年09月22日 12:37

そろそろ立ち上げてから1ヶ月を迎えようとしています。

段々と本格的に始めるために、先日の休日にベッセルを呼んで色々してもらいました。

1、T5照明設置
2、スキマー配管変更
3、殺菌灯撤去

これで随分とメンテナンス性が向上しまして、照度も上がりました。
いつもながら仕事が丁寧で安心して任せていられますよ、私は仕事に集中させていただきました。

照明は点けてみて今後の補助光が必要と感じましたね。


さて、現在の主な水質です。


PH : 8.0
NO3 : 2.5
PO4 : 0.34
Ca : 420
KH : 7
Mg : 900


添加量を増やすのは1ヶ月以上経過してから始めることにしているので、その前に水槽内の生理活性を上げる添加剤があるので、現在のものと併せて使って見ることにしました。

SpongePowerConcentrateとZEOzymです。
ZEOzymはあいにく入荷待ちだったので先にSpongePowerを添加始めました。早ければ今月末には結果が出ているかも?

マグネシウム値はMagnesium Komplexを規定値添加しながら様子を見ていましたが、それでも少しずつ下降していくので2日前から既定の1.5倍に切り替えて添加しています。

2日添加で850→900と回復しましたからこのまま推奨値まで様子を見たいと思います。

ストロンチウム値、カリウム値は、またのネタに封印しておきますね(笑)

456 457 458

459 460 

現在の水槽内の生体達。ゼブラエンゼルはいつも載せているので割愛(笑)
レッドヘッドラスが一回り大きくなりました。青の縁取りが綺麗です。
ベッセルの店長に「何にかじられてる?」と言われたキイロハギ。
バスレットは撮影できず・・・




現在の添加剤一覧です。

ZEObak
ZEOfood7
ZEOstart2
Magnesium Komplex
Strontium Komplex
SpongePowerConcentrate
Pohl's K-Balance

ZEOvit立ち上げ・・14日経過

2010年09月14日 12:31

VSVメソッドからZEOvit(ゼオビット)システムに移行して早2週間が経過しました。

水槽内の生体は、魚サンゴ共、特に異常は無く落ち着いています。
心なしかゼブラエンゼル♂が他の生体をあまり追わなくなったような?
まあ、気のせいでしょう。

ただ、システム開始10日経過辺りから目に見えて水の透明度が上がりました。
ここまで水がピカピカしているのを見たのは恐らく初めてです。

これは添加しているバクテリアのお陰でしょうか、専用の活性炭も寄与しているかも知れません。
ウチの水槽は水量が多いので、もっと早く効果が表れる水槽もあるでしょう。
水量の多い水槽のメリットは、水質変化のカーブがなだらかですので対策を打つ時間が出来ますからね。

さて、6日経過時点からZEOvitリアクターを間欠運転(3時間ON 3時間OFF)を始めましたが、今のところリン酸塩が減少を続ける兆しは見えていません。
0.34から0.43(試薬はROWA使用)の間を上下しております。
硝酸塩は2.5ppm(試薬はレッドシーを使用)を維持している感じですね。 まだ完全な0ppmにはなっていません。
(以前の水質検査でNO3が0と明記してありますが、試薬が使えていないことがわかりました)


現在の主な微量元素値です。

PH : 8.0
NO3 : 2.5
PO4 : 0.34
Ca : 420
KH : 7
Mg : 1000

以前VSVで運用しているときはリン酸イオン値は0.18前後でしたが、当時添加していた○0mlものウォッカ混合液は正直不安でしたね・・・こんなに酒を入れて良いものかと(笑) もちろん少しずつ添加量を増やしていっての到達量でしたが。

それを考えるとほんの数滴で0.3ppmに抑えているというのは凄いなと思っています。


開始から2週間、とりあえずマニュアル通りに添加して来ました。

数値を測り続けていくに従い、だんだんと越えても良い許容範囲というのが見えてきました。

そこで、今後はマニュアルの意図を理解した上で添加量を変えて行きたいと思います。

リン酸塩を減少させるのに必要なスイッチが何であるか想定できましたし、そろそろ行動に移してみようかと。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。