--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オウギチョウチョウウオ

2010年08月19日 09:24

445

オウギチョウチョウウオ (Chaetodon meyeri)※画像はマニラ産

分布:四国以南の西部太平洋~インド洋

数あるポリプ専食チョウチョウウオの中でも、ハクテンカタギ (Chaetodon reticulatus)、ハナグロチョウチョウウオ (Chatodon ornatissimus)と並んで餌付けるのが難しい種。先ずはアサリに餌付ける必要があるが、ショップでストックされている時点で調子の落ちている個体が多い。 輸送の段階で餌抜きをしてしまうのがポリプ専食チョウには致命的ダメージになる。 

446 447

ベッセルで購入の個体。入荷1週間経過の時点で発見して即購入。入荷当初は口が溶けていたらしいけど、発見時点では再生していたし、体表の状態が素晴らしかった。 水槽導入2日目で早くも殻付きアサリを突いた。

この個体の特筆すべき点は浮遊する物体を頻繁に突くことでしょう。 段階的には早いですが先ほど日動のメディフィッシュ(マリンでは無い、淡水魚用が嗜好性に優れる)をKENT ZOEにて練り固めた物をアサリの貝殻に塗りつけ落としたところ食べた。 

もしかしたら近い将来、投下した人工飼料を食べるかも知れない。




スポンサーサイト

ヤスジチョウチョウウオ

2010年08月11日 10:40

442

ヤスジチョウチョウウオ (Chaetodon octfasciatus)※画像は色彩変異個体、インドネシア産

分布:奄美大島以南の西部太平洋~スリランカ以東のインド洋、ニューギニア

フィリピンやインドネシアからコンスタントに輸入され、比較的ポピュラーなチョウチョウウオ。内湾や礁湖の比較的浅く流れの穏やかな水域に生息し、色彩に関しても変異がある。

ポリプ食の為、餌付けの初期段階では殻付きアサリが好ましい。 

444 441 443

ベッセルで購入の個体。 水槽導入時からアサリを突いていて、混泳にも柔軟に対応している、いわゆる 『当たり個体』 です。 基本的には意外にも餌付きが悪く、混泳にも注意を要する種類です。

動画は水槽導入初期のものです。アサリにはあっさり餌付いた癖に、その後が進展せず・・




オウギチョウの餌付け②

2010年07月27日 10:26


導入から5日目。

白点が付いてますな(汗)

落ち着くまでは頻繁に観察しないとですね。

餌付け状況としては、小さい方が問題なくアサリを食べだしました。

しかしまだ、柔らかいところを探して食べているレベルです。

大きい方は突いているのを見るのですが、少し神経質な面があるので、隔離ボックスではなく仕切り板を入れて放しました。 

これでアサリを落とす→夢中で突く の、レベルにまで行けば次の段階に移れるのですが。

動画は仕切り板を入れる前のものです。





オウギチョウの餌付け

2010年07月26日 00:26

随分と更新が滞っていましたね。

5月から6月にかけて、立て続けにハナグロチョウとスミレペアを失いまして、完全に戦意喪失でした。

特に居住先が実家になっていたものの、思い入れの強かったスミレヤッコのペアが☆になったのは堪えた・・


でも、もう立ち直りましたよ。

テンションアゲの原因はこれ

430

ベッセルで見かけて即決。 

ポリプ食チョウで即決したのは久々です。

写真上の個体は既にアサリを頻繁に突いています。


これからが楽しみです。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。